個別指導塾はマンツーマン指導が基本

苦手な科目に特化して教えてくれる

勉強においては生徒によって得手不得手があります。個別指導塾の場合、細かく指導内容を生徒と先生で決めることができるのです。例えば、英語と社会が苦手でそこに特化して指導を仰ぎたいならば、2教科に限定して契約をするのです。こうすることで、授業料がリーズナブルになるメリットもありますし、苦手なものに対して勉強を集中的に行う環境が実現します。個別に勉強ができる環境であるパーテーションでの区画や個人用机を完備している個人塾もあり、自習を推進可能な場所も提供してくれますよ。さらに、苦手な単元にも絞り込んだ勉強ができます。例えば理科であれば、物理に特化したり、物理の中でも熱流体を厳選したりといろいろな対策を立てることが可能なのです。

理解しやすい教え方を実践してくれる

理解するのは生徒ごとに個人差があります。個別指導の環境は、生徒に合った指導方法を実践してくれます。例えば、イラストを活用したり、細かく説明された板書を提供したりなどがあります。最近はIT技術が進んでいるため動画やプレゼンテーションソフトを使って、イメージがしやすくしてくれますよ。また、一方的に教えるのではなく生徒からの質問に傾聴してくれるスタイルも特徴的です。対話を繰り返すことで講師が生徒の弱点や特性をつかみやすく指導に生かしやすいのです。個別指導塾によって先生の指導方針や育成環境が異なるため比較検討をすることが重要です。具体的には説明会の参加や講習会の申し込みです。体験談や口コミも参考になります。