個別指導塾は柔軟な対応をしてくれる

生徒に合わせたペースややり方で学習できる

個別指導塾では、生徒一人から三人くらいに対して、一人の先生がつきます。そのため、生徒一人一人のペースに合わせた勉強の進め方や、志望校に合わせた勉強をしたりすることができるのが特徴です。集団指導塾の場合は、基礎クラスや応用クラスといったクラス分けはありますが、あまり細かいクラス分けは設定されていません。そのため、塾の授業で分からなかったところは、自分で授業後などに先生に聞きにいかなくてはなりません。個別指導塾の場合は、それぞれの授業内で苦手項目を克服していくことができます。反対に、苦手項目の克服に時間を割きすぎて、全体的な学習スケジュールが遅くなってしまうこともあるため、スケジュール管理も大切になってきます。

授業の振り替えがしやすい

個別指導塾は先生一人が受け持つ生徒の数が少ないため、当然ながらたくさんの先生が在籍しています。そのため、体調不良や家の用事、また、部活動や他の習い事などで授業に参加できなかった際に、別の曜日や時間帯へ授業を振り替えやすくなっているのが特徴です。集団指導の塾の場合は、一週間の時間割がしっかりと決められているため、授業の振り替えが難しいことが多くなっています。個別指導塾の場合は、融通がききやすい分、自分自身でしっかりとスケジュール管理をしておかなければならないのですが、常に塾のスケジュールに合わせるのが難しい場合や、他の習い事などとの調整が難しいような場合でも、柔軟な対応をしてもらえるため、通いやすい仕組みになっています。